M&Aで新規事業や得意分野の事業強化をしよう

M&Aは大企業が行うものと考えているのであれば、その考え方を変えたほうが良いです。今や町の中小零細企業の中にも、会社を買ったり、自分の会社を売却したりする例は増えて来ました。これには、大きな要因があります。それは事業承継です。中小零細企業ほど、事業承継に悩んでいる経営者が多いのです。親族は事業を引き継いでくれず、社内にも優秀な人材がいないとなれば、廃業するか、他社に会社を譲り渡すという方法が有力になります。このような事情は新規事業や得意分野の強化を検討している企業にとっては大きなチャンスということができます。小粒ながらも魅力的な技術を持っていたり、素晴らしい販売網を持っている中小零細企業はたくさんいます。M&Aを駆使することによってこれらの魅力的な経営資源を手に入れることで、時間をかけずに新規事業を立ち上げたり、販売網を急拡大させたりすることができます。場合によっては、自社の既存技術とのシナジー効果を発揮して、新製品を生み出すこともできるかもしれません。最近のM&Aでは、事業承継という売る側の会社経営者の悩みを解決でき、しかも買収側の企業のメリットにもなるというケースが増えてきているのです。M&Aを利用した新規事業への参入一昔前から新聞紙面やメディアを賑わせている言葉の一つにM&Aがある。M&Aとは、英語での合併と買収の略で、主として企業の合併や買収の総称として用いられている。日本国内でも、多くの人が耳にしたことがあるような大企業が、買収されたり吸収されたりというようなニュースをたまに見ることがあるのではないだろうか。会社への帰属意識の高い人には、合併や吸収というとあまり耳触りのいい響きではないかもしれないが、会社が新規事業に取り組みたいと考えるときには、その事業を行っている既存の会社を吸収や合併することは非常に有用な方法である。新規事業に取り組むとなると、そのノウハウや技術を構築するために、かなりの時間と労力と費用を要することになる。その点を一気に解消できる可能性があるのは、大きなメリットではないだろうか。また、同業種での吸収や合併により、経営不振の危機にある会社を立て直すきっかけにもなり得る。このままだと倒産の道を歩むかもしれない企業にある貴重な人材や技術などを、全て救い上げることができるかもしれない。このように、M&Aという手法を用いることによって、会社の業績を飛躍的に伸ばすことや、不振に陥っている経営を好転させるきっかけにすることも可能なのである。