時間をかけずに新規事業を始められるのもM&Aのメリットです

M&Aには売る側にも買う側にも多くのメリットがあります。売る側のメリットとして挙げられることは、事業承継をすることができるということです。今、中小零細企業は後継者不足に悩みを抱えています。親族も引き継いでくれず、社内にも経営者になるほどの人材がいない場合、廃業も視野に入れなければなりません。これを避ける方法の1つとして有力な方法が会社の売却なのです。一緒に働いてきた従業員の雇用も確保することができるので、後継者に悩んでいる経営者にとってはとても魅力的な選択肢だということができます。一方、買う側のメリットは、異業種の買収であれば、ある程度の規模をもって新規事業を始めることができます。同業他社であれば、販売シェアを拡大させることができます。製造業であれば、自社が保有していない製造技術を手に入れることもできます。新規事業として自社の事業の周辺分野に進出すれば、既存事業とのシナジー効果も期待することができます。M&Aを相談することができる窓口が増えてきていることも追い風です。銀行や信用金庫、会計事務所等でも相談を受けることができるようになってきました。関心がある人は、まずは取引のある金融機関に問い合わせてみるのも良いでしょう。

M&Aによる買収を活用した投資法

M&Aによって企業が買収される場合において、上場している企業については、特徴的な値動きがあります。一般的には、M&Aによって買収する場合には現状の株価に比べると高い金額で買い付け金額が決まるため、株価が買い付けの金額まで急騰することになります。これは、買い付けに上限がない場合はほぼ確実にそうなりますが、買取が決まっている場合には、期限まで持てば確実にその金額になるため、確実な投資法であるということがわかります。そのため、情報が出た時にすぐに買いを入れた場合であれば、値段のサヤ取りをすることができます。そのため、多くの人が一度に注文を入れるため、大量の買い注文が出ると言えます。ただ、一定数量の売り注文は出てくるため、その売り注文分を発注している会社の注文数によっては分数するということになります。そうなった場合には、大量にとることはできないですが、ある程度の数量であれば回ってくる可能性があるため、注文を出しておくことは有効です。金額が上がることが確実であっても、資金都合の関係などで、早めに売りの注文が出ることがあるため、当たればラッキーぐらいな気持ちで注文を出すことで、かなり有利な取得が可能になります。