新規事業開拓や得意分野の強化にはM&Aが有効です

事業を行なっていく上ではM&Aという選択肢は欠かせません。他社や他社の事業を買収することで、事業戦略を拡大させることができます。新規事業を考えている場合には、特に有効な手段と言えます。なぜならば、新規事業をゼロから手がける場合には、途方も無い労力と時間が掛かるからです。自社が進出したい事業を行なっている企業を買収してしまえば、即日から売上が上がります。また、その分野に精通した人材やノウハウも一緒に手に入れることができます。自社の得意分野を強化したいという場合にもM&Aは有効です。特にサービス業や卸売業など、シェアを一気に加速したい場合には、他社の買収がとても有効な手段です。シェアを拡大させることで、スケールメリットが働き、販売コストの削減も期待することができます。特に今まで未開拓であった地域においては、地道な営業だけではなく、その地域の同業他社を傘下に収めることによって、その地域のシェアを獲得するという手段が有効です。なぜならば、地域によっては、その地域特有の文化があるからです。今までの成功例を押し付けようとしても失敗する場合があります。その地域で育ってきた企業を傘下にすることで文化の壁も乗り越えられます。

賢いM&Aで成長戦略を担う新規事業を立ち上げる

M&Aが現代の激しい競争に置かれる企業間において注視されています。新規事業の立ち上げたい、あるいは継承したいといった買い手企業にとっては人材、顧客網、拠点、ノウハウを通常の新規事業立ち上げより、低リスク、低コストで経営戦略、目標を早期に達成でき、マーケットのシェアを譲渡された企業との相乗効果でより多く獲得することが望め、事業の多角化により新たなるマーケットを掘り起こすことも可能となります。売り手企業においては既存の経営基盤の安定化が望め、譲渡先企業との人材、資源、資金、物流網のシェアをすることで資金調達の柔軟化、グループ再編の容易化が望め、従来では不可能だった地域への進出、出店の可能性を得ることができますからそのメリットは非常に大きく、M&Aは企業戦略の大きな力となるでしょう。それだけにしっかりとした先のプランを建てていくことが大事でしょうし、そのプランを考える上においても豊富な経験とネットワークを持つアドバイザーがいれば激しい企業間との競争に打ち勝てる10年、20年先の企業成長戦略に乗っ取ったプランニングを提供してくれるでしょうから、より良い情報交換を行えるように各種情報を集めてみるのもよいでしょう。